2015〜2020年、仮想通貨「時価総額TOP20」の顔ぶれと変化

リップル
仮想通貨市場のTOP20を振り返る2020年12月は、2017年12月の仮想通貨バブルを彷彿とさせるようなひと月となった。ビットコイン価格は、12月16日に過去最高値の2万ドルを突破すると、17日に22,000ドル(230万円)、25日には24,000ドル(250万円)と新高値を更新。31日には29,000ドル台(約300万円)を記録した。ビットコインの時価総額は、12月27日時点で50兆円規模に到達。11月時点で過去最高の36兆円を記録していたが、その後も資金流入が止まらず、市場規模拡大を加速させている。単純比較はできないものの、株式市場における上場企業の時価総額と比較すると、現時点でTOP11位まで浮上。VisaやJPモルガンチェースなどを大手金融機関を超える水準に達している。関連:ビットコインの時価総額が40兆円突破、株式市場比較でTOP15入り今回、ビットコインの時価総額50兆円突破にあたり、年末特集として過去6年間(12月25日)時点の時価総額上位20銘柄を振り返る。2015/12/25(1BTC=455ドル)2015年のビットコインの時価総額は、マウントゴックス事件などの影

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました