グレイスケール 、XRPとXLMの保有量の大部分を売却

リップル
 デジタル資産運用会社グレイスケールが、XRPとステラ・ルーメン(XLM)の保有資産の大部分を売却したようだ。仮想通貨先物取引プラットフォームであるBybtのデータによると、12月29日に保有していたXRPは918万以上減少し、XRPの総保有額は2645万XRPとなった。金額にして記事執筆時点で約5億7700万ドル(595億円)だ。さらに同日、グレイスケールはXLMについても974万トークン以上清算し、保有資産を919万XLMに減らした。こちらは金額にして127万ドル(1億3100万円)だ。グレイスケールの運用資産は現在192億6000万ドルでビットコインが全体の87%を占めている。グレイスケールのXRP売却は、明らかに米証券取引委員会がリップル社と提訴したことを受けて、価格が暴落していることが要因だろう。XRPについてはコインベースやビットトレックスなど大手仮想通貨取引所が相次いで取引サービスを停止している。リップルはSECに徹底抗戦する構えで、今後数週間以内に声明を発表するとしている。一方で、XLMを売却した理由は明確ではないが、XLMはリップル共同創業者のジェド・マケー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました