仮想通貨ファンドのグレイスケール、12月にマイニングされたビットコインの3倍を購入

リップル
 機関投資家向けの仮想通貨ファンドを手掛けるグレイスケールは、ビットコイン(BTC)の生産量の約3倍のペースで購入しており、その運用資産額は現在200億ドルを超えている。データ分析のCoin98 Analyticsによれば、グレイスケールは2020年12月にマイニングされた量の3倍となるBTCを購入していた。12月にグレイスケールはその運用資産に計7万2950BTC(約21億3200万ドル)を追加した。同じ期間、マイニングされたBTCは2万8112BTC(8億2170万ドル)だった。この数字は、ビットコインで進行している流動性のひっ迫を示すものだろう。規模の大きい買い手が、利用可能な供給を吸い上げ、長期的に保管するためにコールドウォレットに送っていると指摘されていた。この現象は2020年11月から既にみられていたが、12月にはグレイスケールやほかの機関投資家からの需要が明らかに増加した。グレイスケールが購入したBTCとマイニングされたBTC  出典: Coin98 Analytics/ Twitterグレイスケールの運用資産額は200億ドルにグレイスケールのバリー・

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました