AAVEとは|有望DeFiプラットフォームの特徴と将来性を解説

リップル
Aaveプロトコルで利用できるAAVEとはAAVEとは、分散型レンディングプラットフォームAaveを中心とするエコシステムのネイティブトークンです。AAVEが利用されているAaveプロトコルは、フラッシュローン(Flash Loan)や信用委任(Credit Delegation)といったユニークなサービスを提供しており、DeFi(分散型金融)レンディング分野で注目されているプロジェクトです。執筆時点におけるAaveプロトコルにロックされている総資産額は10億4,000万ドル(約1,100億円)であり、DeFiレンディングサービスではMakerに次いで2位につけています。1. AAVEの基本概要1-1 AAVE(LEND)とはAAVEとは、分散型レンディングプロトコルAaveのERC-20規格のネイティブトークンであり、Aaveの分散型ガバナンスにおいてガバナンストークンとして利用されています。現在、前身トークンであるLENDからの移行が行われています。Aaveとは、イーサリアムブロックチェーン上に構築された分散型ノンカストディの金融プラットフォームです。「Aave」はフィンランド語で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました