三菱UFJのGO-NET、地球で最も速い決済プラットフォームで世界はこう変わる

リップル
三菱UFJフィナンシャルグループと、世界随一と言われる高速ネットワークを持つ米アカマイ・テクノロジーズが、独自開発のブロックチェーンを活用した超高速オンライン決済ネットワークを作り上げた。二社が共同設立したGO-NET(グローバルオープンネットワーク)は2021年、世界最速となる決済ネットワークの運用を日本で始める。7月には、複数のクレジットカード会社と飲料ボトラーと連携して、自動販売機でカードをかざして「タッチ決済」できる少額決済サービスをスタートさせる。GO-NETが見据えるのは10年、20年後の社会。当面は毎秒10万件の取引を処理できる能力で進めていくが、GO-NETの基盤は少額決済ニーズに合わせて毎秒100万件、1000万件まで拡張することが可能だ。その規模は、全世界の現在のカード決済を処理できる能力に相当する。新型コロナウイルスのパンデミックは、日本が進めていたデジタル化の速度をさらに増すかたちとなった。Eコマースがさらに拡大して、5Gの通信システムやIoT(モノのインターネット)、すべての交通手段をシームレスにつなぐモビリティサービスなどの普及が進んでいけば、オンラインの少

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました