急落したビットコイン、しばらく調整期間が続く理由は?

リップル
 仮想通貨データ分析を手がけるクリプト・クオントによると、マイナーが現在、ビットコインを大量に売却していることが指摘されている。現在の下落にマイナーの売り圧力が高まっていることが背景にあり、こうした大量売却は歴史的に長期的な調整局面に入る可能性が示唆されている。(出典:トレーディングビュー「BTC/USD 1時間足チャート」)BTCマイナーの売却2020年5月に、仮想通貨アナリストのウィリー・ウー氏は、半減期後の市場には大きな売り圧力が二つあると指摘していた。それはマイナーや仮想通貨取引所の行為によるものという。「市場には二つの大きな売り圧力がある。(1)供給量を希釈して市場に売却するマイナー。これは通貨のインフレによる隠れた税金と言える。そして(2)取引所はトレーダーから手数料をとり、市場に売却する」クリプトクオントのマイナーポジション指数(MPI)から、マイナーがビットコインを売っていることが示されている。Bitcoin Miner Position Index (30 day). Source: CryptoQuant1月10日のMPIは、ビットコイン価格が14000ドルを割り込

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました