グレイスケールがXRPを清算、余剰資金でビットコインやBCH、LTCを買い増し

リップル
 世界最大の仮想通貨資産運用会社グレイスケールは5日、同社が保有するXRPを清算し、その資金でビットコインやビットコインキャッシュ、ライトコインを買い増ししたと発表した。グレイスケールは時価総額上位の銘柄で構成される投資信託「デジタル・ラージ・キャップ・ファンド(Digital Large Cap Fund、DLCファンド)」からXRPを除外した。XRPは4日に売却された。売却前はXRPはDLCファンドの1.46%を占めていた。DLCファンドの取引先であるデジタルカレンシーグループ子会社のジェネシス・グローバル・トレーディング社がXRPの取引をまもなく一時的に停止すると発表したことが理由としている。ジェネシス・グローバル・トレーディングは1月15日に全てのXRP取引を停止する。今回の売却によってファンドの比率はビットコインが81.63%、イーサ(ETH)が15.86%、BCHが1.08%、LTCが1.43%となっている。これは1株あたり、0.00047489 BTC、0.00287011 ETH、0.00047537 BCH、0.00167314 LTCを表している。グレイスケールは、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました