ビットコイン(BTC)プライバシー強化のTaprootなどの大幅アップグレードへの期待

リップル
ビットコイン(BTC)は2017年以来待望のアップグレード「タップルート(Taproot)」が今年にも実装されるのではないかとの期待が高まっています。Taprootによって、ビットコインはプライバシーとスケーラビリティ(拡張性)、フレキシビリティ(柔軟性)、ネットワークスピードが大幅に強化されることになります。プライバシーを保護するコードチェンジ仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)のビットコイン支持者のピエール・ロシャール(Pierre Rochard)氏は2020年12月7日ツイッターに、2021年にはBTCプロトコルの大幅アップグレードが期待されると投稿しましした。デベロッパーのピエタ・ウィユ(Pieter Wuille)氏が明かしたビットコイン改良提案(BIP)によると、Taprootはビットコインのプライバシーを強化するコードチェンジであり、外部からはブロックチェーン上のトランザクションがすべて同じように見えるようにして、プライバシーを大幅に強化します。Taprootはまた、ビットコインユーザーのトランザクションを通常の取引の1つに過ぎないよう見せることによって、第三者の目

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました