新型コロナのワクチン接種、VeChainのブロックチェーン上で記録 | キプロスの病院で導入

リップル
 地中海の島国キプロスで、国内最大の民間医療施設の1つである「キプロス地中海病院」は、新型コロナウィルス(COVID-19)のワクチン接種記録をVeChainのブロックチェーンで保存している。VeChainはサプライチェーンのロジスティックス向けプラットフォームだが、新しい魅力的なユースケースになりそうだ。病院側の発表によれば、既に1月4日の時点で100人の医師と職員が新型コロナのワクチンを接種しているという。ワクチン接種を受けた人間は、VeChainのブロックチェーン「Thor」をベースにした「E-HCert  アプリ」からデジタル証明書を受け取ることになる。キプロス地中海病院は、このデジタル証明書は「VeChainのThorブロックチェーンを介したヘルスケア業界のデジタルトランスフォーメーションに向けた新たなステップである」と述べている。今週初めのツイッターへの投稿で、VeChain財団は、政府や個人がブロックチェーン技術でワクチン接種のデータの信頼性を確保することができると述べている。E-HCertアプリは昨年6月にキプロス地中海病院で導入された。VeChainによると

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました