ソラナ(Solana)が進めるインターオペラビリティ戦略とは?

リップル
ソラナ(Solana)は、2020年にローンチしたブロックチェーンで、秒間5万トランザクションを実行できる点で期待されています。ソラナについて基礎的な情報はこちらの「ソラナ(Solana)とは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン」で紹介しています。ソラナとArweave(アーウィーブ)との提携ソラナは8月にアーウィーブ(Arweave)との提携を発表しました。公式発表によるとソラナとArweaveは2つのブロックチェーンを繋ぐブリッジの開発者を、暗号通貨関連のクラウドソーシングが可能なプラットフォームGitcoin上で募集しました。15,000DAIの報酬が提示されたこのプロジェクトはユーザーID「theloneronin」によって完了されました。Arweaveとの提携について、ソラナはブロックチェーンネットワークの運営において負担となり得るストレージの問題を挙げています。ブロックチェーンは最初のブロック(ジェネシスブロック)から始まり、すべてのデータが時系列で処理・検証される必要があるため、現在のブロックチェーンの状態(ステート)の正当性を検証するためには最初のブロ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました