ケニアでデジタル課税法施行、仮想通貨取引に課税

リップル
 かねてよりケニア政府が計画していたデジタルサービス税(DST)が、2021年1月1日に施行された。DSTは、他のセクターの中でも、デジタルサービス市場に焦点を当てた2020年度の税制改革の一部である。新しい税制の規定に基づき、今後は、仮想通貨での決済などのe-マーケット取引に対し、1.5%の税率が適用される。非預かり型のP2P取引の仮想通貨取引所であるBitzlato(ビッツラート)のケニア代表であるレジナルド・アランゴ氏は、コインテレグラフに対し、新しい税制は、すべての仮想通貨の販売の総取引額に対し、1.5%課税するものあると述べている。アランゴ氏は、この新しい税制がケニアにおける仮想通貨の浸透に及ぼす潜在的な影響について次のように述べている。「新しい税制がケニアでの仮想通貨の浸透に悪影響を与えるということについては、私はそのようには考えていません。東アフリカでは、仮想通貨の急速な成長を推進している非常に数多くの要因があり、加えて若者たちが先頭に立ってそれを後押ししているからです。ですが、予測するにはまだ時期尚早です。(21年の)第1四半期以降を見てみないことには。」ケニ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました