機関投資家のビットコイン参入、新たな可能性を広げるイーサリアム

リップル
2020年をこんなふうに総括することができるだろう。1月~3月期が市場混乱の四半期で、4月~6月期はビットコインの半減期。7月~9月期には、ステーブルコインと分散型金融(DeFi)が急速に成長した。10月~12月期、ビットコインに対する機関投資家のFOMO(機会を逃すことへの恐怖:fear of missing out)が強まり、イーサリアムがPoS(プルーフ・オブ・ステーク)ブロックチェーンへの野心的な移行の第1段階をスタートさせた。最新の「CoinDesk Quarterly Review」では、2020年第4四半期におけるビットコインとイーサリアムの強力なストーリーにまつわるデータとその経緯、そしてそれらが価格に与える意味を検証している。機関投資家、ビットコインに参入2017年のビットコイン価格の上昇は、主に個人投資家の熱狂によるものだったが、昨年は機関投資家が価格の勢いをけん引した。大規模な機関投資家が、ビットコイン投資をポートフォリオ資産として公に発表することが加速度的に増えていることは、ビットコインのポートフォリオにおける役割を証明しただけではなく、他の投資家の注目も集めて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました