SEC理事Hester Peirce氏、リップル訴訟後の初コメント──米国規制と有価証券問題について

米国政府内で認識の違い米国証券取引委員会(SEC)で暗号資産(仮想通貨)擁護派の「クリプト・ママ」として知られるHester Peirceコミッショナーが、SECの規制についてインタビューで異議を唱えた。このForkast.Newsのインタビューは、SECがリップル社を提訴して以来、Peirce氏が公的な場で行う初めての発言となる。Peirce氏は、現在進行中の訴訟を考慮してリップル社の件について具体的にコメントすることは避けたが、規制のあり方について意見を述べた。また、今回のPeirce氏の発言はSECの公式の見解やその他コミッショナーの意見を代弁するものでもなく、あくまでPeirce氏自身の個人的な見解である点は留意しておきたい。SECは、リップル社のXRPを未登録有価証券とみなし、この売却を通じて13億ドル(約1350億円)以上の資金を調達したとの疑惑で訴訟を起こしている。「明確なガイドラインが必要」Peirce氏は、それぞれの政府機関が別個のルールに従っている現状に触れ、明確な規制が必要であるとして次のように述べた。デジタル資産だけでなく「投資契約」と呼ばれる非常に解釈が自由に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました