分散型取引所スシスワップ、2021年のロードマップを公開 「味醂」や「お弁当箱」を予定

リップル
 2020年の様々な騒動を経て、分散型取引所(DEX)のスシスワップ(SushiSwap)は2021年の野心的なロードマップを発表した。今後の展開として、RuneとMoonbeamによるクロスチェーンDEXやポルカドットチェーンでの実装、2021年末までに完全に分散化されたガバナンス構造の実施などが挙げられた。これは分散型金融(DeFi)でも最も複雑で高度な実装になる。投稿では、Mirin(みりん:味醂)と呼ばれるバージョンアップ(スシ・プロトコルv3)のローンチや、近く予定されているレンディングサービス「BentoBox」が1月中にも設定されていることなどが発表された。さらに近くリブランドを行う可能性も示唆している。現在提供されているプロダクトの種類や数などから「スシスワップは2021年に新たなドメインに移行し、AMM(自動マーケットメーカー)ではないことを反映させる」としている。AMMとはDEXでの注文形式の一つ。仮想通貨を交換したいユーザーが自身が保有する仮想通貨を流動性プールに提供することで、あらかじめ流動性プールに入っていた仮想通貨を交換するというもの。板(オーダーブック)形

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました