ダイが加わり、トロンが脱落:CoinDesk 20“銘柄”入れ替え

リップル
昨年10月~12月期の暗号資産(仮想通貨)取引の活発化は、CoinDesk 20に1つの変化をもたらした。主要暗号資産をリストしたCoinDesk 20から、トロン(TRX)が脱落し、メーカー(Maker)のステーブルコイン・ダイ(DAI)が復活した。2020年第4四半期、ビットコイン(BTC)が史上最高値を更新するなか、暗号資産の取引高はほぼ3倍となった。Nomicsによると、CoinDesk 20が利用している8つの信頼できる取引所の取引高は、第3四半期の900億8000万ドルから、第4四半期には2399億8000万ドルに増加した。取引高の増加は、CoinDesk 20の暗号資産の中でもさまざまであり、この四半期に減少した暗号資産もある。だが、入れ替えはトロンのみだった。新しいCoinDesk 20は以下のとおりだ。出典:CoinDesk Research Source: NomicsCoinDesk 20は、Nomicsがまとめた8つの取引所のデータを使っており、取引所は2019年と2020年に発表された取引高の検証に関する3つの研究をもとに選定・検証されている。ビットフィネック

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました