米FRBパウエル議長:民間発行通貨に対抗するため、CBDCは「非常に高い優先順位」

リップル
 ステーブルコインは一夜にしてシステム上重要になる可能性があると、米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は言う。そのため、FRBは独自の中央銀行デジタル通貨(CBDC)を適切に手に入れることを決意している。CBDCは、ステーブルコインに対する銀行業界の回答である。それらはたいていブロックチェーン上でホスティングされる一方で、哲学的な同等性という点では、分散化された仮想通貨とほとんど共有されるものがない。CBDCはそれらを発行する銀行によって監督され、それぞれの法域の法律に基づいて規制されることになる。パウエル議長はYahooファイナンスのインタビューに答え、技術の進歩によって民間組織が独自のマネーを作り出すことが可能になったと述べた。そして、それは避けるべきことであると、歴史が示してきたと指摘した。「技術がそれを可能にしたため、事実上、民間部門の当事者たちはデジタル通貨と同等のものを作り出すことができる。民間部門通貨の歴史において我々が分かっていることは、世間は時にそれを単純にお金として考えることがあるが、その後ある時点で、それがお金ではないことに気づくということだ。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました