いわくつき仮想通貨EOSの運営会社Block.oneが巨額ビットコイン保有 時価総額の2倍

リップル
 昨年から盛り上がりを見せるビットコインやイーサリアム相場の陰で、冴えない動きとなっている仮想通貨がある。分散型アプリの作成を容易にすると標ぼうしていたブロックチェーンEOS(イオス)だ。仮想通貨バブルの余韻が冷めやらぬ2018年にICO(イニシャル・コイン・オファリング)史上最高額となる約4300億円を調達したが、翌年には未登録ICOを行なったとして約26億円の罰金を課されていた。関連記事「【深層】仮想通貨界の暗い金脈 イオス(EOS)とテザーの「深い関係」?」「仮想通貨EOS開発企業、SECに26億円罰金支払いで合意 未登録ICOで」今では時価総額ベースでトップ10位にも入らない状態だが、リスクを承知でEOSを買うべき理由が存在するという。EOSの運営会社Block.oneが保有する巨額のビットコインだ。米仮想通貨ヘッジファンドのアルカ(Arca)の最高投資責任者であるジェフ・ドーマン氏によると、今回の強気相場で上昇していない仮想通貨はXRP以外ではEOSのみだ。最近では「EOSの天才エンジニアが退職、次の動きは検閲されないSNS構築か?」という悪材料も出ており、これまでの12か月

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました