LINEの銀行事業、タイで急拡大──インドネシア、台湾は上半期に開始【齊藤社長】

リップル
アジアで約1億7000万人のユーザーを持つLINEは、昨年10月にスタートさせたタイの銀行事業を当初予想より速いペースで拡大させている。今年上半期には、スマートフォンアプリを通じて銀行サービスが受けられるスマホ銀行事業を、インドネシアと台湾でも開始する。LINE Financialの齊藤哲彦社長が明らかにした。LINEは昨年10月、タイ大手銀のカシコン銀行と共同で設立した合弁企業を通じて、銀行サービスの「LINE BK」を開始。事業スタートからわずか2、3カ月で開設された口座の数は100万を超え、当初の目標を短期間で達成。個人向けの貸し出し残高も100億円規模に膨らんだと、齋藤社長がcoindesk JAPANの取材で答えた。LINEはスマートフォンで包括的な金融サービスを受けられるフィンテック事業を拡大しているが、海外事業ではローカル企業とのパートナーシップ戦略を重点に置き、国・地域の文化や習慣にあわせたUIとUXの開発を進めている。「新型コロナウイルスのパンデミックは、フィンテック全般において非対面・非接触のニーズを高める結果となった。人が在宅する中で、スマホはずっと手の中にある。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました