「イーサリアムは未完成」 著名アナリストのオールデン氏がETHに投資しない理由とは

リップル
 著名投資アナリストで、ビットコイン支持者であるリン・オールデン氏がイーサリアムに投資しない理由は、ビットコインと比較して「未完成」であることが理由のようだ。オールデン氏は17日、自身のサイトでイーサリアムに関する経済分析を投稿。この中でスマートコントラクトを超音速旅客機であるコンコルドジェット機に例えた。コンコルドは2000年に墜落死亡事故を起こし、米国やソ連が商業化を断念した旅客機だ。同氏はイーサリアムでは「多くの優秀な開発者が関わっている」としているものの、長期的には経済的に持続可能なプロジェクトにはならないだろうと指摘する。これは分散型アプリ(dApps)のユースケースが「わかりにくく、投機的」なことが理由だという。さらに、ネットワークのノードは「サードパーティのノードサービスに対する政府の取り締まりがあった場合」に中央集権的な攻撃のリスクが高いと主張。規制当局がイーサリアムを、必ずしも崩壊させることはないものの、アプリを実行困難にすることでユースケースが脅かされる可能性があるとした。オールデン氏はツイッターで次のよう考えをまとめている。「イーサリアムは確かに今後1年間、価格の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました