ビットコインの「サーモキャップ」、強気相場はまだ始まったばかりであることを示す

リップル
 ビットコインはまだ2021年のバブルの始まりに過ぎないことが、マイナーや投資家動向のデータが示している。ツイッターユーザーでビットコイン価格動向を研究するGeertJancap氏は、ビットコインのサーモキャップ・マルチプルという指標から、まだ大きな成長の余地があると強気の兆候を示している。強気相場は始まったばかりサーモキャップとは、ビットコインのジェネシスブロックから、ある特定の日までのマイナー収入の合計値のこと。これを基にしたサーモキャップ・マルチプルは、特定の日のビットコイン価格をサーモキャップで割った倍率を示している。これによって、マイナーや投資家の行動に基づき、ビットコインの価格サイクルを探る指標として提示されている。サーモキャップ・マルチプルでは高い倍率であればあるほど、ビットコイン価格は割高で、倍率が低い状態は、割安であることを表している。これによって、ある価格で売却することがどれほど利益が出るのか、そしてなぜ過去のビットコインの歴史の中で価格変動が起きたのかを考察できるという。GeertJancap氏は次のように説明する。「価格がマイナー収入の50倍以上であれば、どのマ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました