より多くの機関投資家が参戦すれば、仮想通貨時価総額は2兆ドルに=eToroがレポート

リップル
 仮想通貨取引プラットフォームのeTorなどによるレポ―トでは、期間投資家による仮想通貨採用を妨げる壁がまだ存在することを明らかにしている。25の機関投資家へのインタビューに基づき、レポートでは、より多くの機関投資家がより有利な条件で市場に参加した場合、仮想通貨市場の時価総額は2兆ドルに達する可能性があると指摘している。機関投資家による仮想通貨採用が進むためには、規制の不確実性の解消や市場インフラの発達、セキュリティを取り巻くリスクの最小化といったことが必要だとも述べている。「2020年は、銀行や資産運用会社などの多くの機関投資家が仮想通貨に投資するか、もしくは真剣に検討し始めた年であり、インフレのヘッジ手段となる資産クラスとして、特にビットコインが注目された」と、eToroの事業開発責任者はのトーマ・二ヴ氏は述べている。「競争の場を広げ、より多くの参加を促すことによってのみ、仮想通貨は2兆ドル以上の時価総額に達し、それが維持されるだろう」レポートでは、機関投資家の仮想通貨投資を促すことになる他の要因についても記載されている。それには「標準化されたグローバルな規制制度」や、信頼性の高い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました