ビットコイン、一時3万ドル割れで機関投資家の動向は

リップル
機関投資家の買い続くか1月の初め以来、およそ2週間ぶりに一時3万ドルを下回った仮想通貨ビットコインだが、23日にかけて価格が反発し3.2万ドルを超えて推移している。機関投資家などの大口投資家の指標では、ビットコインを大量に保有するクジラ(1,000BTC以上を保有)のアドレスは依然として増加傾向にある模様だ。ブロックチェーン分析企業Glassnodeのデータで確認されている。それらの関心度を示す基準において、ビットコインの取引所に関連するトランザクションと全てのトランザクションを見比べるものがある。この比率が上昇していないことから、取引は取引所を介さないOTC取引で行われていることを示唆する。分析企業CryptoQuantのKiYoung Jun CEOは、ビットコインのトランザクションの93%はOTCなどの取引所を介さない取引に使用されていると、Coindesk の取材で語っている。また、大手取引所OKExのインサイトシニア編集者Adam James氏は、直近のボラティリティ急増は個人投機筋による過剰なレバレッジに関連するもので、機関投資家は中長期的に投資しているため、価格

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました