エンジンが拡張現実プラットフォームと提携 ファッションNFTがARで利用可能に

リップル
 エンジンコインを開発するブロックチェーンゲーム企業エンジン(Enjin)と拡張現実(AR)プラットフォームであるMetaverseMeは26日、取引可能な拡張現実ファッションアセットをイーサーリアムブロックチェーンに連携させることを発表した。エンジンが発行するファッションアセットであるNFT(ノンファンジル・トークン)が2月23日からMetaverseMeのアプリ内で利用可能となり、アバターが着用可能となる。MetaverseMeでは、ユーザーが自身を撮影後にアプリ内にアバターを生成できる。ARモードを使うことで現実環境にアバターを置き、ファッションNFTを楽しむことができる。またこうしたアバターをSNSを通じて共有することも可能だ。MetaverseMe創業者のマーティン・ヒューズ氏は次のように述べている。「ブロックチェーンがすべての没入型体験の価値のあるインターネットとして認識されるようになるまで、そう長くはかからないでしょう。取得したアセットがお気に入りのゲームやアプリ全てで利用できるようになると、デジタル経済に革命が起こります。」A showcase of the main

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました