ビットコインの利点と課題 シンガポール銀行レポート

リップル
シンガポール銀行、仮想通貨と金(ゴールド)の比較シンガポール銀行・チーフエコノミストのMansoor Mohi―uddin氏が22日、暗号資産(仮想通貨)とゴールド(金)を比較する調査レポートを公開。今月上旬に400万円に到達後、一時300万以下まで急落したビットコイン(BTC)の乱高下する値動きを「80年代の日本株のバブル、90年代のインターネット株、00年代の石油価格、10年代のIT企業株」などに喩えた。レポート内でビットコインを筆頭とする仮想通貨を「デジタル・マネー」と表現したMohi―uddin氏は、仮想通貨が法定通貨に取って代わる可能性は低いものの、時間の経過とともに一部、電子的な価値の保存としてゴールドの代わりになるかもしれないとする持論を展開した。デジタル通貨は発足当時「限られた供給量の下、法定通貨のように量的緩和などで増やせない仕組み」のビジョンを基に作られたと説明した同氏は仮想通貨が「お金」の主な役割を果たしていないと説明。お金の役割である交換手段、価値尺度、そして価値の保存の3点の内、それぞれにおいて完全に機能していないと語った。海外送金などの国際送金で使う交換手段

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました