ビットコインが確定申告時期に値下がりする理由

リップル
アメリカでは毎年1月に確定申告のシーズンが始まる(期限は4月15日)。過去を振り返ると、1月はビットコインの価格パフォーマンスが他の月に比べて低下する月でもある。一部のアナリストは偶然の一致ではないと主張する。2014年〜2020年にかけて、ビットコインが1月に下落する現象が、7回のうち4度、3月に下落した年は7回のうち6回起きている。デルファイ・デジタル(Dephi Digital)によると、平均下落率はそれぞれ5.24%、12.59%だった。「確定申告シーズンを迎えると、ビットコインはこれまで他の月に比べてパフォーマンスが低下している。これは、単独では予測と言えるものではないが、注目に値する」とデルファイ・デジタルのアナリスト、ポール・バーレッジ(Paul Burlage)氏は話す。CoinDeskのBitcoin Price Indexによると、ビットコインは28日午前(日本時間)、一時3万ドル(約313万円)を下回った。納税に備えた売却かデルファイ・デジタルの1月のレポートによると、価格下落の主な理由の1つとして、「前年に暗号資産(仮想通貨)を取引して大幅な利益を得た投資家たち

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました