ビットコイン、次の価格上昇の始まりか──データが示す強気トレンド

リップル
ビットコインのオンチェーン・データは過去数週間、ほぼ横ばいで推移していたが、強気トレンドの兆候とも思える動きを示している。ビットコインは1月8日に史上最高値の4万1962ドルを記録した後、おおむね2万9000ドル〜4万ドルのレンジで推移してきた(CoinDesk 20のデータによる)。価格が小康状態にあるなかで、需要が供給を上回る状況が続いている。「2021年の現時点までに約2万6000ビットコインがマイニングされている。一方、(暗号資産ファンドを運営する)グレイスケール・インベストメント・トラストは同期間に4万ビットコインを購入した」とデータサイトのグラスノード(Glassnode)はウィークリーレポートに書いている。取引所残高の減少取引所アドレスが保有しているビットコイン、つまり売り手側の流動性は減少している。取引所のビットコイン残高出典:Glassnode取引所のビットコイン残高は今月1日、234万9040ビットコインまで減少し、2年半ぶりの低水準となった(グラスノードのデータ)。一方、1000ビットコイン以上を保有するウォレット(同じ組織や個人が保有するものは1つとカウント)の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました