世界各国6万人以上の仮想通貨投資家の実態を調査=バイナンスリサーチ

リップル
世界各国の仮想通貨投資家を対象に調査大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの調査部門Binance Researchが28日、2021年版の「Global Crypto User Index」を発表。世界178カ国から約6万人以上の回答者を対象にした調査から、仮想通貨投資家のグローバル像が明らかになった。2020年にはPayPalでの仮想通貨サービス導入や、グレイスケールの投信など、仮想通貨へのアクセスがより容易になった。しかしその一方で、バイナンスは世界規模で仮想通貨ユーザーの投資動機や傾向、投資心理を調査するレポートがなかったと指摘。そこでバイナンスは世界178カ国の国と地域から61000名以上の仮想通貨投資家を対象に、昨年9月から1ヶ月間、オンライン上で調査を実施。初めて統計結果を公開した。レポートは英語や中国語など8つの言語で翻訳されている。レポートの結果レポート結果によると、保有されている銘柄ではビットコインの保有率(66%)が最も高かった。次点ではバイナンスコイン(BNB)、イーサリアム(ETH)などがランクインしている。またビットコインがポートフォリオの2割を占める投資

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました