ビットコイン(BTC)を個人保管しない危険性をロビンフッドの事例から考える

リップル
ロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)社が運営する株式取引プラットフォームのロビンフッドは1月28日、ビデオゲーム販売会社ゲームストップ(GameStop)を含む複数銘柄の取引制限に踏み切りました。この措置はアメリカ株式市場に大混乱を巻き起こし、インターネットは怒りの声に満ちています。同時にこの騒動は、暗号資産(仮想通貨)ユーザーに「Not your keys, Not your Bitcoin.(それは君のキーではなく、君のビットコインでもない)」のフレーズを思い出させる契機にもなっています。自己管理しないことへの危険性上記のフレーズは全ての仮想通貨にも当てはまりますが、特に現在、金融市場の中心に位置するビットコイン(BTC:Bitcoin)に注目する必要があります。ビットコインのような暗号資産は、暗号技術に基づいて安全性を保証されています。仮想通貨のウォレットは公開鍵と秘密鍵という2つの暗号によって、その仕組みが成り立っています。公開鍵(public key)はユーザーが資産を動かす際のアドレスとしての役目を果たし、秘密鍵(private key)はアカウン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました