仮想通貨ネムの新チェーンSymbol、負荷テスト結果をNEMTUSが報告

リップル
Symbolの負荷テストの結果報告NEM技術普及推進会NEMTUS(ネムタス)が、暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)の新ブロックチェーンSymbolに対して行った負荷テストについて、結果や問題点を報告した。1月27日に発生した不具合を再現するためのトランザクションを送信するまではほとんどのノードが停止せず、ネットワークとしては大量のリクエストによる負荷に耐え続けることができたと説明。負荷テストとしては「クリア」だとした。NEMTUSは日本コミュニティ主導で先月28日に負荷テストを行うイベントを開催。イベント前からもSymbolのテストネットにトランザクションを送信することによって負荷をかけ、挙動の確認を行っていた。NEMTUSはテスト結果として、大量のトランザクションがあるはずの状況にもかかわらず、多くのトランザクションが含まれたブロックの間に、トランザクションが少ないブロックが挟まれるという事象を報告。このことについては、ノードがブロック報酬を最大化しようとしたことが要因であると説明し、障害ではなく正常な挙動だと説明している。ユーザーが設定する最大手数料倍率が低いトランザクションと高

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました