ドージコイン、誕生から5度の価格急騰──8年の歴史に値動きの特徴を探る

リップル
暗号資産(仮想通貨)の「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」は1月28日、1100%という驚異的な上昇を記録し、史上最高値を更新した。ドージコインは、オーストラリアの起業家ジャクソン・パーマー(Jackson Palmer)氏とソフトウェアエンジニアのビリー・マルクス(Billy Markus)氏が2013年に開発した暗号資産。当時、数々の新しい暗号資産(アルトコイン)が登場し、その誕生を嘲笑するかのようにドージコインは多くのジョークの的となった。特徴的な柴犬「ドージ」は、初期の暗号資産愛好家に人気だったインターネット・ミーム(インターネット上で話題となり、拡散した画像などを示す)をモチーフとしたものだ。ドージコインの価格推移ドージコインは、柴犬をモチーフにしたユニークな暗号資産として人気があり、大きな価格変動を経験してきた。過去には、TikTok動画や著名人の発言が価格上昇の要因となったこともあれば、特に何の理由もなく急騰したこともある。これまでにドージコインが上昇した時期を振り返ってみよう。1. 2017年の暗号資産ブームドージコインの最初の大きな価格上昇は、2017年3月

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました