XRP(リップル)の価格乱高下事例に見る、個人投資家の警戒ポイント

リップル
XRP(リップル)市場の乱高下仮想通貨XRP(リップル)が、1日夜から2日未明にかけて大幅な下落を記録した。XRP市場は昨年12月下旬、米証券取引委員会(SEC)からリップル社が提訴されたことを受け低迷していたが、1月末より急動意した。一時、高値77円台まで大幅反発していたが、日本時間8時に下落に転じると一転、高値から数時間で50%安を超えて急落した。この相場を主導したのが、海外SNSサイトRedditのWallStreetBets(WSB)など、個人投資家グループの動向だ。株式市場やコモディティ市場でも、企業業績・経済政策などのファンダメンタルズやテクニカル分析を無視した値動きが多数確認されており、仮想通貨市場でも特定の銘柄が対象となり、投機市場を映している。WSBのクリプト版として注目されたのが「r/SatoshiStreetBets」である。急騰したドージコイン(DOGE)の次に、仮想通貨XRPのパンプが呼び掛けられ、(ハイリスクハイリターンの)投機的な取引が活況となった。XRPのケースでは、XRPの購入と保有(≒パンプ)を呼びかける専用のテレグラムグループが拡散。世界の各タイム

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました