プライバシー重視ブラウザ「ブレイブ」、アクティブユーザーが2020年に倍増  月間2500万人に

リップル
 ベーシック・アテンション・トークン(BAT)をもとに構築されたプライバシー中心のウェブブラウザであるブレイブ(Brave)は、2020年の間にユーザーベースが2倍以上に増加した。2月2日の発表によると、ブレイブの発表によると、ブラウザの月間アクティブユーザー数は1160万人から2540万人に拡大した。ブレイブは広告をブロックし、ウェブサイトがインターネット上でのユーザーの動きを追跡するのを防ぎ、ユーザーは広告表示を選択することでBATトークンを取得することができる。これらのトークンは、ブラウザに組み込まれたウォレットを介してコンテンツの作成者に報酬を与えるために使用したり、ほかの仮想通貨と交換することもできる。ブラウザの1日のアクティブユーザー数は380万人から860万人と126%増加した。一方、検証済コンテンツクリエイターの数は、100万を超えた。これは作品の収入手段としてBATトークンを受け入れることを選択した人々のことを表している。ブレイブのブレンダン・アイクCEO兼共同創業者が、ブラウザのユーザーベースの拡大は、より多くの人々が「監視経済からオプトアウト」したいという兆候であ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました