「存在感増すビットコイン、レンジ上抜けは時間の問題か」bitbank寄稿の仮想通貨週次市況と各金融市場の騰落率

リップル
今週の相場の動きは今週12日にビットコイン(BTC)価格は、505万円(48,170ドル)を記録。大手信託銀行BNYメロン参入やテスラ社のBTC購入報道など好材料が相次ぎBTCは高値を更新した。各指標の騰落率一覧2/12(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。CoinPostで作成月初来騰落率CoinPostで作成年初来騰落率CoinPostで作成(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)2/6〜2/13のBTCチャートCoinPostで作成bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)今週のビットコイン(BTC)対円相場は堅調。12日正午時点で相場は週足で20%強あまり上昇し、500万円周辺で推移している。今週は米電気自動車(EV)テスラのBTC購入と支払い手段としてのBTC受け入れ方針が市場を席巻し、相場はこれを受け急伸。9日には初めて500万円台に乗せた。その後は利益確定売りや低調な米消費者物価指数(CPI)を受け、対ドル

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました