【確定申告特集1~2】課税の対象となる利益はいつ発生する?損益発生のタイミングについて|Aerial Partners寄稿

リップル
導入ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、主要な暗号資産(仮想通貨)の価格が高騰し、2020年度は仮想通貨市場が大きく盛り上がった年となりました。過去の年度と比較して利益が出ている方が増えているかと思いますが、ここで気になるのが税金です。仮想通貨取引での所得について、どのような税金がかかるのか、税務に詳しくない方にもわかりやすく説明していきます。仮想通貨取引での所得には税金がかかり、確定申告が必要になる仮想通貨取引による所得には、原則として雑所得に区分され、税金がかかります。雑所得の特徴については後ほど説明していきますので、まずは仮想通貨投資家がどのようなケースで確定申告が必要になるのかを確認していきましょう。確定申告が必要になるケース一般的な会社員は、源泉徴収や年末調整によって納税をしているため、確定申告が不要な方が多いです。しかし、以下のケースに当てはまる場合は確定申告を行う必要があります。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー給与収入が年間2,000万円を超える人給与所得や退職所得以外の所得金額(仮想通貨による所得を含む)の合計額が20万円を超えている人給与を2か所以

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました