仮想通貨、損切り/ナンピンどちらを選ぶか

ビットコイン&ニュース

相場の代表的手法:損切りとナンピン
仮想通貨の値動きは株価や為替の動きよりも大きく、儲かるときも損をするときも大きく、リスクが高くなります。
これから下がり続けるのであれば、早く売るべきですし、今後また価格が上昇する見込みがあれば価格の安いうちに買い増しをするべきです。
投資の代表的な手法に損切りとナンピンがあります。
それぞれの手法の特徴と仮想通貨での運用においてどちらを選ぶべきかを考えましょう。
▼目次
相場の代表的手法:損切りとナンピン
損切りとは
ナンピンとは


どう使い分ける?
価格上昇局面では
価格下落局面では


仮想通貨ではどちらを選ぶべきか

損切りとは
損が出ている投資商品の損失を確定することです。
損切りは、ロスカットやストップロスとも言います。
購入したときよりも価格が下落をしており、今後も回復が見込めないときにこれ以上損失を拡大させないために売却し、損失を確定します。
ナンピンとは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました