Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

リップル
本コラムでは、Polkadot(DOT)のステーキング方法を解説します。DOTはステーキングできるアセットなので、トークン保有者は所定の手続きをしステーキングすることで利子のようにDOTを増やすことができます。Polkadotの基本的な解説はこちらで行いました。関連:なぜPolkadotは注目されているか?基本的なコンセプトを解説ステーキングの基本的な解説は下記のコラムで行っておりますので、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)やステーキング自体が分からないという方はまずこちらをお読み下さい。ステーキングできるアセットPolkadot(DOT)PolkadotはNPoSというコンセンサスメカニズムを採用しており、ステーキングをする際にノミネートという行為をする必要があります。厳密には異なりますが、NPoSはDPoSに類似している仕組みです。ノミネートはDPoSにおけるデリゲート(委任)であると捉えれば大きくは間違っていません。DOTトークン保有者は特定のバリデーターノードをノミネートして、ブロック生成に間接的に参加をして報酬を得ることができます。本コラムではstakefish(ステークフィ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました