ビットコイン、供給不足──機関投資家の参入が拍車:データ

リップル
 400万ビットコイン──現在流通しているビットコインの量だ。過去1年で、毎月少しずつ減少している。この数量はブロックチェーンのデータを分析しているグラスノード(Glassnode)が推計したものだ。ビットコインへの投資を始めた機関投資家が増えるにつれて、売買可能なビットコインは減少し、価格上昇につながっている可能性がある。グラスノードによると、直前の30日間における流通量の変化を示すビットコインの「リキッド・サプライ・チェンジ(liquid supply change)」はこの1年、ほとんどマイナスだった。ビットコインのリキッド・サプライ・チェンジ出典:Glassnode過去にないほど長いマイナス期間は、長期的なビットコイン価格の力強さを裏付けている可能性がある。3月1日時点、グラスノードによると売買可能なビットコインはわずか約400万。リキッド・サプライ・チェンジは7月~8月の間と、12月の期間を除いて、2020年4月以降マイナスとなっている。「これほど長くマイナスが続いたことはなく、まもなく大規模な供給不足につながる可能性がある」とグラスノードは2月26日のウィークリーニュースレ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました