機関投資家の5人1人、将来的に仮想通貨を取引する可能性あり

リップル
 JPモルガンが実施した調査によると、現在仮想通貨を取引していない企業の機関投資家の5人に1人は、自社が将来仮想通貨を取引する可能性が高いと考えている。1500社の3400人以上の投資家を対象とした調査では、回答者の11%が仮想通貨を取引もしくは投資している企業で働いているのに対し、89%はそうではないと回答している。しかし、将来的には仮想通貨に投資する企業は増えるようだ。仮想通貨を取引もしくは投資していないと回答した企業のうち、22%が将来的に仮想通貨に投資する可能性が高いと考えていると述べた。一部のアナリストは、機関投資家の継続的な参入がビットコイン価格を5万ドルにまで上昇させたと主張しているが、かなりの数の機関投資家が依然として仮想通貨への信頼を欠いているようだ。仮想通貨について意見を求めたところ、14%が避けるべきものだと回答。さらに21%は仮想通貨は一時的な流行であると考えている。「最も重要な資産の1つになる」と考えているのは、投資家のわずか7%だった。参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/1-in-5-investors-at-fir

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました