仮想通貨ビットコインの次のピークはどこか? ●万5000ドルから●●万6000ドルの間になる可能性=クラーケン分析

リップル
 2011年にまでさかのぼるビットコイン(BTC)の値動きの分析は、コインの価格が次に7万5000ドルから30万6000ドルの間のどこかでピークに達する可能性があることを示唆している。過去の高値と安値を結ぶ対数的成長曲線の読み取りに基づくと、7万5000ドルというコイン価格はビットコインが買われ過ぎの領域に入ったことを示し、現在の強気相場の終わりを示す。「以前のサイクルに基づいて、ビットコインは最終的に放物線状になり、価格が徐々に上昇し続けて以降につぶつかるだろう。これが4番目の強気相場サイクルの終わりを示す」と、クラーケンのレポートでは書いている。過去の価格調整の分析はさらに大胆な予測を投げてい来る。すべてが同じ条件であれば、BTCが現在の成長曲線に沿って続き、その後、以前の市場の暴落と同様の調整に入れば、次の底値は3万ドルになるという。この底値に基づいて、調整の程度に応じて、次の市場ピークについて予測を試みることができる。現在のサイクルでビットコインが70%調整する場合、前述の3万ドルの底値に達するには、コイン価格が10万2000ドルのピークに達する必要がある。同様に、90%の調整

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました