米国で1.9兆ドルの景気刺激策可決でビットコイン価格が最高値付近まで上昇 ついに中国上場企業のBTC購入も

リップル
 米上院で1.9兆ドルの経済対策法案が可決されたことを受けて、ビットコイン価格は7日に51000ドルを突破した。これは史上最高値である51800ドルに迫る上昇だ。米国のジョー・バイデン大統領は、上院での可決は「必要不可欠なもの」と意義を強調した。「今日、公約を実現するための大きな一歩を踏み出したと言えるだろう。」BTC/USDT 4-hour price chart (Binance). Source: TradingView.com景気刺激策と価格上昇の関係こうした景気刺激策が可決されると、米国の金融情勢が緩和される。この1年ほど、こうした施策は過去にも行われており、株式や仮想通貨などのリスクオン資産に投資家が反応した。2020年4月に初めての景気刺激策が可決した際には、仮想通貨と米国株式ともに大規模な価格上昇が発生した。そのため、今回の刺激策もビットコイン価格に好影響をもたらすのではないかと予想されている。著名テクニカルアナリストであるピーター・ブラント氏は、米ドルの切り下げと景気刺激策の相乗効果で、ビットコインを取り巻くセンチメントが改善すると主張した。「米ドル購買力に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました