ビットコイン6万ドル台突破でもアナリストは「まだ上昇余地大きい」と分析

リップル
 ビットコイン(BTC)は日本時間で13日午後6万ドルの大台を突破したが、14日早朝も強い動きをみせており、61500ドル前後(約670万円)まで続伸した。ここからどこに向かうのか。複数のアナリストによると次に節目となる価格帯までまだ余裕があるようだ。3月9日に50000ドルを突破して以来、ビットコインは下落するたびに機関投資家がすぐに買いにはいっている。大口投資家(俗称「クジラ」)の保有するBTC残高もここ数ヶ月で増加する一方だ。BTC/USDT 4時間足チャートビットコイン価格の次の動きは人工知能などで仮想通貨相場を解析するスタートアップ「ジャーヴィスラボ」のアナリストであるベン・リリー氏が最近発表したレポートによると、100~1000BTCを保有するウォレット群が2月28日以来新たに約63000BTCも買っており、大口投資家たちの買い意欲を示しているという。リリー氏は「このクラスのウォレットは、2017年の強気相場の際に最もタイミングよく立ち回っていた」と指摘している。100~1000BTCを保有するウォレットのBTC残高総計 情報元: Glassnodeリリ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました