ムーンキャット(月の猫)を救助せよ! 史上二番目に古いNFTプロジェクトに突然脚光

リップル
 デジタルにおける「唯一性」を実現する非代替性の仮想通貨「ノンファンジブルトークン」。いわゆるNFTが空前のバブルに沸きその芸術価値も玉石混交となる中、歴史的意義や要素のあるNFTに注目が集まっている。今度は「ムーンキャット(月の猫、ハッシュタグは#MoonCatRescue)」だ。史上2番目のNFTプロジェクトだという。きっかけは、UTC(世界標準時)3月12日午前7時、TwitterユーザーでNFTコレクターの「ETHoard」が投稿した短いスレッドだ。「最近流行っている#CryptoCatsほど目を楽しませるものではないかもしれないが、その後私はいろいろと調べて#MoonCatRescueに出会った。Cryptopunksに触発されたもので、実はCryptoCatsよりも前のものだ。/1イーサリアム解析サイトであるイーサスキャン(Etherscan)によると、ムーンキャットレスキューのコントラクトが初めてイーサリアムに書き込まれたのは2017年08月09日で、いまから実に3年半前だ。これは初代NFTプロジェクトとされるCryptoPunksよりもわずかに遅いが、 201

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました