再生エネルギーに注力したブロックチェーントークン、2021年に入り急騰見せる

マネーニュース
エネルギー生産や資源消費、環境影響への懸念は、世界的に主要なテーマになっている。また、ビットコインをはじめとするプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のコンセンサスアルゴリズムを採用する仮想通貨のマイニングにかかる膨大なエネルギーコストも、度々批判が巻き起こっている。
Source: cointelegraph

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました