リップル(XRP)は1週間で2倍強の上昇 BTCにも物色の動き | ビットバンク マーケット情報

先週(5日〜11日)のビットコイン(BTC)対円相場は2週続伸。終値は前週比139,576円(2.16%)高の6,589,998円と、前週から相場のレジスタンスとなっていた対ドル2月高値の640万円水準を超え、節目60,000ドルを試す展開となっている(第2図)。先週の暗号資産(仮想通貨)市場は、引き続きアルトコインが主導する展開となり、時価総額第4位のXRP対円の週足は、前週比で78.456円(111.81%)高くなり、3年ぶりに終値で148円に乗せた。ステラ(XLM)とクアンタム(QTUM)の対円も30%以上の上昇率を記録しており、順回転相場の様相を呈している。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました