なぜXRPは急騰しているのか リップル株よりも高いその理由とは?

リップル
 リップル社は仮想通貨であるXRPを利用した、リップルネットと呼ばれる国際送金プラットフォームを世界規模で構築している。こうした同社の株式は現在セカンダリー市場で20〜30億ドルで取引されているとされる。しかし、リップル社が保有するXRPの時価総額は600〜700億ドルほどとなっており、同社の評価額よりも何倍も高額になっている。仮想通貨投資家でギャラクシーデジタルのCEOを務めるマイク・ノボグラッツ氏は、次のように述べている。「リップル社の株式はセカンダリー市場で20~30億ドルの評価額で『取引』されている。彼らのバランスシート上のXRPは約700億ドルの価値がある。ワンプライスは間違っているようだ。もしXRPの時価総額が国際送金への期待の現れなら、株式は非常に安いことになる。そうでなければ、トークンが高すぎる。どちらだろうか。」リップル社の株式は過小評価されているのか?著名仮想通貨研究者であるレオニダス・ハジロイゾウ氏によると、リップル社のバランスシートにロックされているXRPはエスクローウォレットに入っているため、同社の株式には反映されていない可能性が高いという。「リップ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました