史上最高値更新のビットコイン 今夜の目玉イベントでどう動くか | ビットバンク マーケット情報

13日のビットコイン(BTC)対円相場は354,828円(5.40%)高の6,923,350円と上伸し、過去最高値(6,724,683円)を更新した。対ドルでも最高値の61,788ドルを更新し、63,774ドルの高値を付けた。イーサリアム(ETH)の対円も最高値を更新し、16,331円(6.97%)高の250,582円。リップル(XRP)対円は終値にかけて売られるも、一時は205円にタッチし、2018年1月15日以来の高値に浮上した。東京時間のこの日のビットコインは確りとした推移で、対ドルで節目60,000ドル水準となる656万円から前日高値の670万円を試しにいった。短期レンジの上限として意識された同水準では戻り売りが入るも、今週のメインイベントであるコインベースのナスダック上場を翌日に控え、市場では買いの順回転が加速し、欧州勢参入後に相場は急伸し、670万円と3月高値を一気に上抜け690万円台に初めて浮上した(第2図)。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました