映画監督ケビン・スミス、自身のホラー映画作品をNFTオークションへ

映画の権利をNFTでオークションに映画監督のほか、俳優としても活躍するケヴィン・スミス(KevinSmith)は、自身の作品をNFTでオークションにかけると発表した。落札者は、作品のデータの所有権を持ち、放映や配布などに関する権利を得ることができるようになる。落札された作品のその後は落札者次第であり、一般に向け放映せずに、落札者自身が見る権利を独占することも可能と見られる。とはいえ、スミス氏は、作品は少なくとも、ストリーマーに売られるだろうと予想している。最新の作品である「KillroyWasHere」は...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました