ビットコイン相場分析 : 昨日は一時3%ほど下落、適度な押し目を付けたか | ビットバンク マーケット情報

4月14日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日0.7%下落した陰線を記録しました。終値は687.4万円でした。昨日は一時676万円まで下落する場面があり3%ほど押す場面がありました。価格は終値にかけて反発しています。オシレーターは上昇トレンドを維持しています。CCIは185まで上昇しました。Fisherは遅行線の上位を維持しています。長期オシレーターのMACDも上昇が継続し買いシグナルが出ています。ADX(22)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインは昨日一時下落したものの、その後反発し底堅さをみせました。強い買い需要が継続していると考えられます。昨日の下落を押し目に高値を追う展開が期待されます。テクニカルには昨日の陰線の影響はほとんどなく、インジケーターは強気を示唆しています。週後半も上目線で問題なさそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました