米財務省がロシアに制裁措置を表明──関連団体の仮想通貨アドレスをブラックリストに

米政府、ロシアに制裁措置へ米財務省の外国資産管理局(OFAC)は15日、ロシア政府の指示で2020年の大統領選挙に不正関与しようと試みた16の団体などに対する制裁措置を発表。また関連団体の違法サービスで利用された暗号資産(仮想通貨)アドレスのブラックリストを公開した。OFACの発表ではプーチン政権の高官であるアレクセイ・グロモフ氏の他、身分証の偽造に特化したパキスタン企業「SecondEyeSolution」など16の団体および16の個人らに制裁対象に指定した。またバイデン米大統領も15日の演説でロシア政...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました