コインベース上場を無難に通過 イーサリアムはハードフォークで連日高値更新 | ビットバンク マーケット情報

15日の ビットコイン(BTC)対円相場は-6,691円(0.10%)安の6,868,021円とほぼ変わらず。一方、昨日はドル安円高の影響でビットコインの対ドルは小幅な上昇となっている。前日のコインベース(COIN)のナスダック上場初日は、事実売りとCOINの下落に連れ安となりビットコインは700万円周辺から670万円周辺まで押したが、COINが参照レートの250ドルを上回り引けると、安心感からビットコインは対ドル3月高値水準から押し目買いが入り690万円まで戻した。一方、15日の東京市場のビットコインはイベント通過で手掛かりを探る展開となり、680万円から692万円のレンジで方向感に欠ける推移となった。欧州市場の序盤には、前日から好調だった主要アルトコインに売りが入り、ビットコインは東京市場のレンジを一時割り込むも、COINの早朝取引での反発やアルトコインの速やかな反発に支えられ下げ止まり、米市場の引けにかけてはアルト主導の上昇で東京時間のレンジ内に値を戻している。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました